逆子のお灸

 逆子(胎盤位)

妊娠7〜8ヶ月(妊娠28週以降)を過ぎて、頭を上にしている赤ちゃんを逆子(胎盤位)といいます。
妊娠中期では、赤ちゃんは羊水のなかで活発に動いて胎児の位置が不安定なため、約50%の赤ちゃんが逆子(胎盤位)といわれています。出産が近づくにつれて赤ちゃんはしだいに大きくなり、いちばん重くて大きい頭を産道にむけて正常な胎位へと安定させます。

28週を過ぎるころには、ほとんどの赤ちゃんが正常な胎位で安定するのですが、なかには戻らないお母さんも多く約3〜5%くらいの妊婦さんが逆子のまま出産を迎えています。
逆子は難産の原因のひとつでもあり、分娩困難な場合は帝王切開がおこなわれることになります。

お医者さんに『逆子ですね』と言われたら、自然に治るかも…と不安な期間を過ごすよりも、すぐにでも逆子のお灸治療をおすすめいたします。

1週間の違いが結果を大きく左右します。

「逆子体操を試してから…」「次の検診で確認してから…」なんて迷っている間に、あっという間に赤ちゃんは大きくなり、お腹のなかで窮屈な思いをしているかもしれません。

ひとりで悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。
逆子のお灸は、28週以降の早い時期であれば治る確率はとても高いといわれています。

       【お灸による逆子矯正率】
 
28週〜30週 約90%
31週〜32週 約75%
33週〜34週 約60%
35週以降 50%以下

    ※ 効果には個人差があります。

 逆子の原因

逆子は東洋医学においてもさまざまな原因が考えられますが、そのなかでも母体の冷え過度のストレスが大きな誘因といわれています。
すなわち「母胎の環境」がその要因を占めているといえます。

お母さんのお腹が冷えていると、赤ちゃんは居心地が悪くて安心して眠ることができません。
カラダが冷えると気血の滞りによって子宮まで冷えてしまい、子宮壁の緊張をまねいてしまいます。
その結果、赤ちゃんの胎動範囲をせまくしてしまいますので、なかなか頭を下にできません。

生野菜、くだもの、白砂糖、コーヒーなどカラダを冷やす食べ物を控えて、しっかりとカラダを温めることに心がけましょう。
また、悩みすぎや考えすぎは頭に熱がのぼってしまい、下半身を冷やす原因にもなります。
規則正しい生活、栄養バランスのよい食事、上手なストレス解消の逆子を治すコツです。

 代表的な足のツボ

近ごろは、産科の先生や看護師さんから「逆子にはお灸がいいと聞いたので…」とアドバイスを受けられて来院される患者さまも増えています。
逆子を治す基本的なツボは【至陰(しいん)】と【三陰交(さんいんこう)】の2ヶ所があります。ここへお灸をするだけでも治ってしまう場合もあります。至陰は背中側、三陰交はお腹側に作用しやすいと言われ、まんべんなくカラダをぽかぽかと温める効果があります。

【三陰交】へのお灸は「安産のお灸」としても知られていて

  ・ 出産のときに陣痛が軽くなる
  ・ 産後の母体の早期回復が期待できる
  ・ 「むくみ」や「便秘」などにも効果的
  ・ 子宮環境をととのえて、母胎の血液や羊水をキレイにする

など、いろんな効果が学会で発表されています。
また、出産前にお母さんが三陰交へのお灸を続けていると、胃腸のじょうぶな子が生まれる、とも言われています。

お腹に鍼やお灸はしませんのでご安心ください。

逆子治療 Q&A

どれくらいの治療回数で逆子が治りますか?

治療効果には個人差がありますので、「何回で」とは申しかねますが、当院では平均して5〜8回の治療で逆子が治ることが多くあります。

 

どれくらいの頻度で通院が必要ですか?

逆子の治療は時間が限られていますので、治療をはじめた時期が遅いほど間隔をつめる必要があります。出産予定日が間近であれば2日に1回くらいのペースが良いでしょう。

 

赤ちゃんに害はないですか?

適切なツボに対して無理のない刺激を行いますので、赤ちゃんに害を及ぼすことはありません。
逆子のお灸は母胎の体質改善にも効果が期待できますので、心身ともにリラックスできます。

 

逆子体操と並行して治療を行っても大丈夫なのでしょうか?

はい、大丈夫です。逆子体操とあわせることで効果的な場合もありますが、無理をしてまで体操をおこなうことは控えてください。一生懸命なお母さんは、つい頑張りすぎてしまう傾向にあります。
ですから、産科の主治医に必ずご相談の上、逆子体操をおこなうべきか判断してください。

喜びの声

28歳 匿名希望さん



三人目で逆子と分かりショックを受けていた所、ホームページを見つけお世話になりました。落ち着いた雰囲気で子供を連れてでも安心してゆっくりと治療を受けられました。1回目を終えた夜中に戻った気がしていたのですが、2週間後の検診まで待っていました。
見事に逆子が治っていたのでお灸のすごさにビックリしてました。
本当によかったです。この度はご親切にありがとうございました。


37歳 H.Mさん

妊娠28週の健診で逆子と言われ、最初は様子を見るということでしたが、治る気配もなく、逆子体操をすることになりました。それでも心配だったのでインターネットで治療の方法を調べるとお灸がよいということで、まずは家で自分でやってみることにしました。それでも治らず、ホームページを見て33週のときにこちらでお世話になりました。週数もだいぶ経っていることもあり、大丈夫なのか心配でしたが、先生もあきらめず熱心に治療していただき、35週ごろにやっと逆子が治りました。本当に続けてよかったです。ありがとうございます。引き続き通えるまではお世話になろうと思います。
どうしようと思っている方に少しでも希望をもっていただけたらありがたいです。


28歳 K.Sさん

逆子で、けっこう悩んでた時『おきゅう』がいいと聞いて通わせてもらいました。
今まで、おきゅうをした事がなかったので若干キンチョーしてたんですが、先生がとてもしゃべりやすくて安心しました。おきゅうのスゴさにもビックリしました!!
逆子、おかげ様で直って感謝です!!ありがとうございました。


33歳 Y.Sさん

逆子治療でお世話になりました。
結果逆子が治りました。ありがとうございました。
引き続き、安産灸 →出産してからは骨盤矯正、美容鍼でお世話になります。よろしくお願いします。
そして、私は今妊娠9ヶ月です。出産の報告も、またさせてもらいたいです。
これから出産される方の不安など、少しでも取り除けたら感想書いた甲斐があります。^_^





【住 所】〒490-1116 愛知県あま市本郷郷中11 第三メゾンキジ2F
                    (甚目寺南中学校すぐ近く)








このページのトップへ