当院の不妊治療

天使のはね鍼灸院では、鍼灸治療をもとに患者さま一人ひとりのカラダと真摯に向き合い、妊娠・出産しやすい体質改善へと全力でサポートいたします。

  ・ 卵巣機能を向上させて質の良い卵を育てる
  ・ 骨盤内の血行促進によって妊娠率を高める
  ・ 生理周期の調節と安定
  ・ 着床しやすい子宮環境・子宮内膜
  ・ 元気に育てる妊娠維持力


女性はとてもデリケートな反面がまん強く、病気とまではいえない『どこか悪い』状態が当たり前のようになってしまい、いつの間にか健康なカラダを忘れてしまっている方も少なくありません。
また、焦りや落ち込み、過度のストレスなどが助長して、さらに心身のゆがみが生じてしまいます。
そのためにもまずは心身のアンバランスをととのえて、母体の健康状態を安定させることがもっとも重要だと考えます。

人間のカラダは毎日変動しているので、同じ患者さまであっても毎回おなじ治療内容とはかぎりません。より高い治療効果が出せるように、一人ひとりその日のカラダの状態にあわせて最適な施術内容を組み立てていきます。

西洋医学との併用

体質改善のために全身の鍼灸治療をうけていたら自然妊娠に至った、というケースはありますが、はじめから不妊症の治療で鍼灸を選択する方はほとんどいません。
当院を訪れる半数以上の患者さまが病院(クリニック)に通いながら鍼灸治療をうけています。
病院(クリニック)での不妊治療と併用して鍼灸治療をうけることで、妊娠の確率が大幅に高まることも最近の研究で分かっています。
西洋医学だけでは、また東洋医学だけでは足りないものを補い合い、互いの恩恵を享受することはとても有効であるといえるでしょう。

いつごろから鍼灸治療をはじめたらよいか悩んでいらっしゃる方も多いかと思いますが、どのタイミングから始められてもプラスに働くことは確かです。
ただ、鍼灸治療をうけたらすぐに体質がガラリを変わるわけではありません。
治療を重ねることで妊娠しやすいカラダへと改善しますので、早ければ早いほうが効果的です。

不妊治療で思うような結果が出なくて思案に暮れている方、原因不明不妊と指摘されてなにをすればいいのか分からずお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療をうけてみてはいかかでしょうか?

治療期間について

『どのくらい通えばいいのでしょうか?』
というご質問をよくいただきます。

月経周期を「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」と4つに分けて、それぞれの時期にあわせた施術をおこないますので、基本的には1週間に1回の施術をうけられるのがベストです。

治療期間については、年齢や不妊要因、患者さまのカラダの状態などで大きな差が出ますので、「一概には言えない」というのが本当のところです。
月経周期やホルモンバランスの乱れがちな方や、高度生殖医療を長い期間つづけてきた方は、まずカラダを立て直すための時間がどうしても必要となります。
慢性化した体質を改善して内臓および心身のバランスをととのえて、本来もっている自然治癒力や免疫力を高めることでようやく妊娠しやすいカラダになります。
不妊治療のための根本的な体質改善の期間としましては、少なくとも半年〜1年くらいの期間はみていただきたいと思います。
不妊症で鍼灸治療をされた方で、めでたく妊娠にいたった方のうち約7割が6ヶ月以上の施術をされています。

不妊治療には時間がとても貴重です。
焦るお気持ちはじゅうぶん分かりますが、心身のバランスをととのえてカラダが赤ちゃんを迎える状態にすることを最優先に考えるべきです。

私どもも出来る限りの手を尽くして治療してまいりますので、まずは土台となる健康なカラダづくりにチカラを注いで、受精・着床しやすい妊娠力と、赤ちゃんがすくすくと育つ妊娠維持力をつけましょう。



【住 所】〒490-1116 愛知県あま市本郷郷中11 第三メゾンキジ2F
                    (甚目寺南中学校すぐ近く)








このページのトップへ