なぜ鍼灸は効果があるのか?

鍼灸治療ではさまざまな効果が得られます。


鍼灸治療の効果

   血液の循環を促す
  ・ 自律神経をととのえる
  ・ 自然治癒力や免疫力を高める
  ・ 気・血・水のバランスを調整する
  ・ 体質を改善して健康なカラダづくり

鍼灸による不妊治療が妊娠しやすいカラダづくりに効果があると、妊娠希望で悩む多くの方にも理解されつつあります。
事実、当院にも「不妊症には鍼灸治療がいいと聞いたので…」という理由で来院される女性患者さまが増えています。

不妊のタイプは大きくふたつに分けられます。

「器質性不妊」…西洋医学的な各種検査により、排卵障害、着床障害など、原因がはっきり特定され
        るもの
「機能性不妊」…検査をしても男女のどちらにも身体的な異常のないもの

なぜ妊娠できないのか、どこが悪いのか、なにが原因なのか、と多くの方はそういうことを気にします。婦人科系はいたみなどの自覚症状を伴わないものが多いので、ご自身のカラダの内側まで把握することはとても困難です。
また、不妊症に関しては検査の結果では異常がないことも多く、なかなか本当の原因までは特定できません。

東洋医学的な観点からみる


東洋医学では、不妊症を「不孕(ふよう)」と称し、数千年もの長い年月をかけて治療してきた歴史があります。古典の医学書にも絶嗣、絶子、無子などと呼ばれ、いくつかに分類されています。
長い歴史をかけて細かく分類されるほど不妊の原因はとても複雑で、個人の生活習慣や体質などさまざまな要因が関与するため、患者さまによって治療法は異なります。
つまり東洋では、画像による診断や血液検査のない時代から、四診といわれる東洋医学の主体ともいえる診断法でカラダの内側に起こっている異常を見極め、漢方薬や鍼灸をもちいて一人ひとりにあった治療法を選択してきました。

妊娠するためには質の良い卵の形成と排卵、卵管での精子との受精、環境がととのった子宮内膜への着床…など、いくつかの条件が必要となります。
また、妊娠するということ、そして出産するということは非常にエネルギーを使います。そのためにも体質を改善してエネルギーを高め、心身のバランスをととのえることが先決だと考えます。
つまり、まず母体が健康でなければならないということです。

鍼灸治療には全身の血流を改善する効果があり、また自律神経やホルモンバランスをととのえて本来持っている自然治癒力や免疫力、そして妊娠力を高める効果があります。
不妊は、WHO(世界保健機構)で鍼灸療法の有効性が認められており、また2008年の英国医師会誌『BMJ』には「体外受精(IVF)を受ける女性が同時に鍼灸治療を受けると、妊娠の確率が65%高くなる」ことが掲載されています。

西洋医学とはまったく違った角度からカラダを見つめ、病んでいる一部分だけを診るのではなく、一人ひとりの患者さまにあわせて最善となる治療方針が決められる点こそ鍼灸治療の大きな強みといえるでしょう。



【住 所】〒490-1116 愛知県あま市本郷郷中11 第三メゾンキジ2F
                    (甚目寺南中学校すぐ近く)





このページのトップへ